話し方教室

会話が続かない悩みを改善

話し方教室の受講生は、会話が続かなくて悩んでいるという方が多いです。
会話が続かないとつまらないし、相手に気を使いますし、自己嫌悪に陥ってしまう方もいます。会話とは、言葉と言葉の“キャッチボール”とも言えます。相手の求めている話を相手の胸にそのまま投げかければ、相手は素直に受け取りすぐにあなたの胸に返してくれるはずです。でも、そのボールを相手の届かないところに投げてしまったら、そこで会話は途切れてしまうでしょう。
このような悩みを抱えている多くの方は、相手に対してマイナスなイメージとなる言葉を多く使っているようです。マイナスとなる言葉とは、会話を閉ざしてしまう言葉です。たとえば、「つまらないな」や「無理だよ」、「疲れた」などの言葉です。
会話を弾ませその場を楽しくするには、「楽しいね」や「おもしろいね」、「がんばって」などのプラスとなる言葉を使うようにすることです。
また、話しの途中で急に違う話しをしたり、自分の興味がない話には聞く耳を持たなかったりと、会話が続かなくなる原因は自分が作り出していることも多いのです。
ある話し方教室のレッスンでは、プラスとなる言葉とマイナスとなる言葉を知り、その使い分けを学びます。そのトレーニングによって、どんな相手とも会話が弾み良いコミュニケーションがとれるようになるでしょう。
また、その場で想定していなかった内容の話をする“アドリブ”の出し方やその方法を身につけます。これを学ぶことで、パッと気になったものや瞬時にふと目に付いたものから、次から次へと言葉が見つかり、相手と楽しい会話ができるようになります。

«  会話が続かない悩みを改善  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi