話し方教室

口下手を改善するレッスン

話し方教室に通う方の多くは、口下手の悩みを改善しようとトレーニングしています。
会話が苦手な人とは、自分が言いたいことが相手にうまく伝わらなかったり、言葉でどう表現したら良いのかわからなかったりする人のことです。また、いつも相手から話してくれるのを待っていたり、聞き上手になれなかったりする人もいます。しかし、そのような人でも、家族といる時は口下手にはならないと思います。
では、どうして家族以外の人と話すと口下手になってしまうのでしょうか?それは、あまり知らない人と話すとき、「どんな話をしたら良いのかな・・・」「この人のことを知らないから話題がない」「バカにされるかもしれない」などと、話す前にいろんなことを考えてしまうからです。
口下手と無口は同じものだと思っている人もいると思いますが、根本的に違います。口下手とは、話したいと思っているのに言葉が出てこなかったり、どう話したら良いかわからなかったりする人のことです。一方、無口とはもともと話したいと思っているわけではなく、必要なことだけを少ない言葉で伝える人のことです。そのため、話し方教室に通う生徒さんには、無口を治したいという人はいないでしょう。
口下手を治して、人とスムーズなコミュニケーションをとるには、まず声を出すことが大切なのです。ある話し方教室では、人と話す時の不安を取り除くレッスンとして、大きな声で挨拶をする練習をします。そして、挨拶をされた時の相手の気持ちを知り、相手が良い反応をしれくれると自信につながって、口下手が治っていくのです。

«  口下手を改善するレッスン  »

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi